借金 返せない 相談

借金を返す余裕がない家計

 

返せない金額に膨れ上がった借金問題は誰にも相談できないものです。

 

しかし、1人で悩んでいても返せないことに変わりなく何の解決にもなりません。

 

相談する相手がいないのなら早めに専門家である弁護士に解決策を聞くのが結局は近道だったりします。あなたに最適な債務整理の方法を相談してみませんか?

 

最初の相談料は無料ですし、弁護士への報酬支払もいい方法があります。

 

借金が返せなくなった時でも解決策はある

借金の金額が多くなり、毎月の給料だけでは返せない事態になってしまうと、毎日憂鬱になりますよね。

 

実際に精神科のお世話になる人も少なくないのですが、借金問題はお医者さんでは解決できません。

 

 

これは相談する相手を間違えているのであり、お医者さんではなくお金の問題解決の専門家である弁護士に相談するのが問題解決への道です。

 

返せないと思い込んでいる借金も、専門家に聞いてみると実は返済見込があったり、知らなかった解決策があったりするものです。

 

解決できない問題はありません

 

信頼できる専門家を選ぶ

 

借金問題は解決できないと思い込んでしまいがちです。自分一人で悩んでいても確かに解決できないでしょう。

 

しかし、専門の弁護士に相談することで解決できることが多いのです。

 

 

自分だけではどうしようもない返せない借金も専門家の知識と経験で処理できます。

 

少なくてもお金の問題であれば解決できない問題はないのです。

 

早めの行動が吉

 

弁護士に借金問題を解決してもらうとしても、早めに行動することが問題解決を早めますし、自分の負担も少なくなります。

 

 

借金が返せない悩みはどうしても自分だけで解決しようとしてしまうようです。

 

しかし、急に収入が増えたり助けてくれる人があらわれるわけではありません。当然自分だけでは解決できませんよね。

 

早めに弁護士に相談することでスムーズに解決に向けてスタートできます。解決に向けての行動なら早いほど良い、早すぎるということはありません。

 

借金が返せなかった時に何が起きる

 

カードローンでの多重債務で悩む

 

では、借金を返せないまま放置するとどのようなことになるのでしょうか。

 

お金を貸した消費者金融などは、返済が滞った相手に対し容赦はしません。

 

最初はソフトな対応で返済を促しますが、次第に対応はハードになります。

 

 

相手の対応がソフトなうちに対応すれば、家族や職場に内緒で自分の借金問題を解決でききます。

 

放置すると事態は悪化します

 

借金を返せないまま放置していると事態は悪化します。

 

電話だけで督促していた消費者金融も、ある日突然自宅や職場に訪問することがあります。

 

また、督促状という怖そうな文言が書かれた郵便物が自宅に届くこともあります。

 

 

特に督促状が自宅に届くと、消費者金融などの金融機関は訴訟を予定していると考えたほうがいいです。

 

訴訟になると非常に厄介なことになってしまいます。

 

 

何もかも奪われます

 

訴訟になると自分が借金を返済していないことは明らかなので敗訴します。

 

消費者金融などは差押令状を裁判所から交付してもらい、早速差押手続きを開始します。

 

 

給料の差し押さえのために会社に来ることもあるでしょうし、銀行口座から差し押さえることもあるでしょう。

 

生活費もなくなり、致命的なダメージを受けることになります。

 

その前に行動を起こせば、このような事にはなりません。

 

無料で専門家に相談ができる

 

借金を整理する方法を選択する

弁護士と聞くとお金がかかると思う人もいらっしゃるでしょう。借金を返せないのですから高額な弁護士費用なんてとても…と考えるのが普通ですよね。

 

しかし、安心して下さい。無料で弁護士に相談することもできます。

 

債務整理を専門にしている弁護士の多くは、最初の相談料を無料にしているからです。

 

 

また、弁護士に債務整理を依頼する際の報酬支払も心配はいりません。

 

弁護士の多くは分割支払を受け付けていますし、他にも効率のいい支払方法があります。

 

弁護士はあなたの味方

 

弁護士は自分とは関係のない人たちだと思っている人も多いかもしれません。

 

お金持ちや大企業の味方だと思っている人もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、実際にはそのようなことはありません。

 

 

行政を相手に公害訴訟などを戦っている弁護士をテレビなどで見ることもあるでしょうが、多くの弁護士は一般の人を相手に仕事をしているのです。

 

債務整理を専門にしている弁護士は、気軽に相談できるあなたの味方です。

 

弁護士費用も無理なく支払できます

 

弁護士に債務整理を依頼すると、弁護士費用の支払が必要です。

 

しかし、債務整理が開始されると借金返済が一時的にストップするため、毎月の支払がなくなるのです。

 

 

この間に弁護士に報酬を支払えば、債務整理終了後の分割払いの金額も少なくなるでしょう。

 

債務整理開始の時に弁護士費用をすべて支払っている人も少なくありません。

 

いままで知らなかった解決策で救われる人も

 

専門家に相談して解決する

 

債務整理を専門にしている弁護士に債務整理を依頼すると、任意整理という方法を勧められます。

 

一番マイルドな債務整理の方法で、多くの方がこの方法で借金問題を解決しています。

 

利息が棒引き!!

 

任意整理の一番のメリットは毎月の返済額が少なくなることです。

 

 

その秘密は、弁護士が毎月の支払を元本部分だけにすることを交渉してくれることです。

 

利息支払が一時的にストップし、完済すると利息支払が免除されます。

 

このような交渉が成立することがほとんどです。

 

 

つまり、利息が棒引きになるのです。

 

消費者金融などの利率は高いので、利息支払がなくなるだけで著しく返済額が軽減されます。

 

普通の生活に戻れます

 

今まで返せないほどの借金で毎月の返済額が生活を圧迫していた人も少なくないでしょう。

 

しかし、任意整理をすることでそんな生活から脱出できます。

 

 

ちょっと勇気を出して弁護士事務所の無料相談を受けるだけで債務整理ができます。

 

相談料も無料なので、早めの相談をお勧めします。

 

名前を記入する必要がない簡単無料メール相談
匿名・無料で手軽にできる無料減額診断。24時間いつでも受け付けていて自分に最適な解決法をアドバイスしてもらえます。あなたの借金をどれだけ減らせるかを匿名・完全無料で診断できます。

●匿名・完全無料で診断できます

匿名無料メール相談

 

ヤミ金の被害にあっている方へ
取り立てに行くと脅されたり、返済したはずが入金してないと難癖をつけたりする業者は闇金融。ヤミ金被害はヤミ金被害救済を行っている事務所に相談されるのがおすすめです。メールの無料相談ができますから、現状を伝えてください。

●ヤミ金相談実績ならトップクラスで全国対応

闇金無料相談バナー

借金を返せない場合にとるべき方法は

 

借金のことで悩んでいます

 

借金を返せなくなってしまった

借金をする時は当然お金がない時です。しかし、借金をしたら返済しなければいけません。

 

借りたお金は自分で稼いだ資金ではなく、一時的に消費者金融などから使わせてもらっているだけだからです。

 

でも、資金がない時に借りているわけですから、返せないことは十分あり得ます。

 

 

しかし、貸した消費者金融としては、貸したお金を絶対に回収しなければいけません。

 

相手が返せないからと放置していたら経営が成り立たないからです。

 

当然消費者金融は、回収のためにあらゆる手段を使います。

 

やんわりとした督促からスタートし、最後は訴訟を起こし給料や預金の差押までします。

 

給料の差押は自分の信用を落とし、場合によっては会社を退職する事態になりかねません。

 

 

こんなことになる前に自分で何らかの手段を講じることが大切です。

 

ある程度返済の見込みがあれば、消費者金融側に返済の相談をすることも一つの方法です。

 

親や親類などにお願いして一時的に借りることができればその方がいいでしょう。

 

 

しかし、そのような手段をとれないことも多いでしょう。そのような場合はどうすればいいのでしょうか。

 

相談する人がいない時には

 

専門家に聞いてみたい話

 

このような場合は、無料でできる借金問題の相談をお勧めします。

 

借金問題の相談は法律事務所で受けてくれますが、通常30分5千円程度の相談料を借金問題の相談の場合はゼロにしています。

 

そのため、返せない借金返済に困った人のお助け寺のような存在になっているのです。

 

 

弁護士のすべてが借金問題の解決の専門家ではありませんが、専門家を探すことは難しくありません。

 

ローン問題の解決にはベストの手段と言えるのではないでしょうか。

 

借金返済には資金がなければできませんが、返せないのに無理矢理返済しようとするのは無理があります。

 

 

もっとも、借金ができた理由は様々でしょう。

 

人には言えないような「ギャンブル、風俗、浮気、家庭問題」というような理由もきっとあるはずです。

 

しかし、弁護士には仕事内容を口外していけない守秘義務があります。自分の相談内容が外部に漏れることはありません。

 

 

それでも知り合いにバッタリ会うようなことがあると嫌だと心配される人もいらっしゃるかもしれません。

 

そのような方は、自分の通勤経路のどこかで途中下車した場所の法律事務所を探してみてはいかがでしょうか。

 

 

借金問題の解決を得意とする弁護士は全国で開業しています。ネットで探せばすぐ見つかることも少なくありません。

 

法律事務所に行くのは気が引けるという人には、無料メール相談があります。24時間いつでも無料で利用できて便利です。

 

本当にとても多い借金を返せない状況

 

相談して任せてよかった

 

借金の悩みから抜け出せます

 

消費者金融などを利用し、順調に返済していたのに、突発的な問題が生じて返済できなくなってしまうことは少なくありません。

 

決して、珍しい話ではなく、いつ自分の身に降りかかるかわからないのです。

 

 

リストラや減給、自分の病気、更には仕事上のトラブルで収入の道を絶たれてしまうこともあるかもしれません。

 

こんなことになると、相談できる人はなかなかいないものです。

 

ちょっとした悩み程度であれば軽く相談できる相手であっても、お金の問題となれば相談するのは気が引けます。相談された側も困ってしまうでしょう。

 

普通の生活を取り戻せます

 

こんなことになってしまうと、気が動転します気持ちが不安定になり、体調を崩す人も少なくありません。精神科のお世話になる人もいます。

 

ただ、お医者さんは体調を改善することが仕事であり、借金の専門家ではありません。

 

 

最悪の場合、自分が追い詰められて自殺したり、犯罪に走ったりする人もいます。

 

しかし、そのようなことはしてしまったら取り返しがつきません。借金返済ができないからと殺されることはありません。

 

督促が厳しいとはいえ、消費者金融の取立は法律で制限があります。

 

 

もっとも、先ほど述べたように給料の差押は避けなければいけません。

 

その前に手を打つことで、今まで同様に普通の生活を再開することができます。

 

 

そんないい方法が本当にあるのかと思われるかもしれません。しかし、その手段の一つとして債務整理があります。

 

実際に管理人の私がこの方法で借金問題を解決した経験を紹介します。

 

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

匿名無料メール相談

こんな状態なら早期解決を目指すべき

お金がなくなって大変なことに

 

私が借金を返せなくなってしまった時のことを思い返すと、次のような事態に陥っていました。まず消費者金融やクレジット会社などに返済することが最優先となってしまい、他のことが目に入らなくなっていました。最低限の生活費さえも顧みることがなくなっていたように思います。

 

借金返せない状況チェックシート

 

  • 返済のために別の借入をする「自転車操業」も融資枠がなくなり限界に陥った。
  • 月々の返済が支払えず、そのまま放置し、滞納してしまっている。
  • 親・家族・友達・知人を頼りお金を借りたり、相談したりすることはできない。
  • 毎日、督促や取り立てに悩まされていて、お金のことがひとときも頭から離れない。
  • 借金地獄の毎日が永遠に続く恐怖を味わった。
  • 借金を一本化しようと思い、おまとめローンに申し込んだけれども審査に通らない。

 

こんな事態に追い込まれると、現実逃避したくなります。出勤地獄の中で、心も体もボロボロになり、精神的に追い込まれていました。
毎日無極で投げやりになってしまっていました。

 

このような状況になるまで借金で行き詰ったキッカケは、勤めていた会社の減給でした。

 

キッカケは様々、だけどパターンは似ている

私の場合はこのような状況で借金地獄に追い込まれました。私は、ひどい目に遭ったものの、それでもまだ多少なりとも収入があったので「マシ」だったかもしれません。

 

しかし、派遣切りやリストラにあった人は私よりもっとつらい目に遭ったことでしょう。また、本人の責任もありますが、ギャンブルや浪費癖は簡単に治らないものらしいです。

 

いずれの場合も、お金が足らなくなって借金したものの、返済の見通しが立たなかったのです。消費者金融などでお金を借りると、当然利息の支払があります。

 

毎月の返済額は案外少ないのですが、利率が高いので元本返済は思ったほど進みません。

 

消費者金融を利用しても、最初は支払額が少ないので油断してしまう人も少なくありません。これなら楽勝だと利用額が膨れ上がってしまうことが借金地獄の入り口です。

 

私も減給になったにもかかわらず、毎月の支払額がもともと少なかったので、困ったときには仕方ないよなと自分に言い聞かせるようにしてキャッシングを繰り返しました。

 

確かに10万円程度の利用で留まればこんなことにはなりません。しかし、100万円単位になったら支払額も10倍です。

 

現実を見ないで放置しておくと

 

返済できずに追い詰められる

 

では、現実を直視ないまま放置しているとどのようなことになってしまうのでしょうか。返済しないまま放置していて、消費者金融が何の対策を講じないことはあり得ません。

 

冒頭に述べたように給料の差押なども覚悟する必要があります。もちろんそのようなことになったら、職場での信用は地に落ちます。

 

このような状況なら赤信号

 

では、そのような悲劇を回避する方法はないのでしょうか。返済しなければ消費者金融が実力行使に出ることは確かですが、何の予兆もなしに訴訟をして差押をするようなことはありません。

 

消費者金融や信販会社は、差押をしようとする前に「督促」をします。そして、督促しても返済がなければ実力行使として差押の手続きに入るのです。

 

具体的にはこんな感じではないでしょうか。

 

  • 督促の電話があり、入金がいつか、いくら入金できるのか聞かれます。
  • 返済の督促状が郵送され、支払えない場合は一括返済になると通知されます。
  • 消費者金融のの担当者が、直接自宅や職場に来ます。
  • 残債と遅延損害金を一括返済せよとの通告が内容証明郵便で届きます。
  • 消費者金融が債務不履行の訴訟を起こします。
  • 裁判に欠席したり、判決にどおりに返せなかったりすると差押がされます。

 

差押の対象は消費者金融などが「取れそうなところ」を選びます。彼らは、預金などはアテにならないことを経験上知っており、最初から勤務先に来て給料の差押をするでしょう。

 

給料の差押をされると、自分の信用はなくなりますが、それよりも勤務先で身の置きどころがなくなるのが一番ではないでしょうか。もちろん給料の差押をされると、会社に結構な手間がかかります。

 

消費者金融から送られた振込先に請求のあった金額を振り込む必要がありますし、裁判所からの強制執行の令状を確認する手間や費用も必要です。たいてい弁護士などに相談するでしょうから、必要以上のコストがかかります。

 

差押になる前に何らかの対応をして、最悪の事態だけは避けなければいけません。どうすればいいのでしょうか。

 

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

匿名無料メール相談

更新履歴